head_id

Vol.233 9月 好きなものを、ほどほどに食べる健幸法


好きなものを、ほどほどに食べる健幸法

 このコーナーでも何度か紹介したことがある『養生訓』。江戸時代の儒学者・貝原益軒さんが書いたこの本は、なんと300年も読み継がれている超ロングセラーです。
 健幸・長寿を自ら体現した益軒さんの「健幸のコツ」を、あらためて学んでみたいと思います。

好きなものは薬に当たる

 全8巻におよぶ『養生訓』のうち「飲食」については2巻にわたって書かれています。
 益軒さんは「飲むことと食べること(食養生)」を、それだけ重要視していたんですね。
 中国の養生法などを参考に、そこへ自らの体験を加えて、具体的なアドバイスとして書かれているわけですが、なかでも「好きなものは脾胃(消化器系)が好むものだから体のおぎないになる」という箇所は、僕がとっても好きなところです。
 だって、「好き嫌いしちゃいけません!」じゃなくて「好きなものを食べなさい!」って言ってるんですよ(笑)なんだか嬉しくなっちゃいますよね。

 明から清の時代にかけて活躍した劇作家の李笠翁の「好けるものは薬にあつべし(好きなものは薬に当たる)」という言葉が、もともとの出処のようです。益軒さんは「とても理にかなっている」として『養生訓』で紹介しているわけですが、「ただし、好きだからといって食べすぎると、かならず体が傷つき、嫌いなものを少し食べるより悪い。好物を少し食べるなら効果がある」と続けています。
 健幸・長寿の方が、みな口を揃えて「健幸の秘訣は、腹八分目(食べ過ぎない)」と言っていることにも通じます。
 なにごとも「過ぎたるは、及ばざるが如し」ですね。
  
 親切な行ないをすることで幸福感が得られるのは「脳内の神経伝達物質と脳内のネットワーク構造」に理由があったんですね。親切の効果にこうした「原理」がはたらいていたことがわかると、僕たちには「誰かに喜んでもらうこと、つまり親切を行なうと心身ともに健幸になり幸せを感じられるという『本能』が宿っている」ということになりそうです。

食べ過ぎないコツ

 でも、好きなものって、ついつい食べ過ぎちゃう氣持ちもよーくわかります!
 僕も甘いものが大好きなので、なかなか八分目で抑えられずにいたのですが、いろいろと試してみた結果、効果的な「食べ過ぎないコツ」にたどり着くことができました。
 
〈 食べ過ぎないコツ 〉
 ① ゆっくり、よく噛んで、味わって食べる
 ② ひと口ごとに箸を置く
 ③ 頭のなかで食レポしながら食べる
        (『孤独のグルメ』のように)

 じっさいに食べている量と、脳のなかの「満腹中枢」には「時差」があります。だから、ゆっくり食べると、自然にその「時差」がなくなるんですね。「食べ過ぎないコツ」で紹介した項目は、そのための時間稼ぎのようなもの。まあ、『孤独のグルメ』の井之頭五郎さんはちょっと食べ過ぎかもしれませんが…(笑)

 どれか1つでもいいので、少しの期間続けてみて「あれ?なんだか、食べ過ぎないほうが調子いいなぁ」という実感が持てるようになると、自然に食べ過ぎることがなくなってきます。
 「好きなものを、ほどほどに食べる」
 からだが、とっても喜ぶ養生法です。

 
参考
『養生訓』 貝原益軒
『貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意』
             帯津良一著(朝日新聞出版)


 
 

 

 セミナー・イベントのスケジュールはコチラから
 

right_toppage

right_01健康対談ラジオ番組月刊連載

right_02 right_news right_02-2 right_03 right_04 right_06 right_05 right_07 right_07

bnr_npure

bnr_kenkotime

ブログ・メールマガジン