head_id

Vol.139 11月 1日1食と2食と3食では、どれが健康に良いのか?


 朝晩はずいぶんと冷え込んできました。
 季節の変わり目、体調管理には十分氣をつけてくださいね。
 今月も引き続き、身近な健康情報について検証してみたいと思います。

1日1食と2食と3食では、どれが健康に良いのか?

 本屋さんに行くと、「一日に何食が健康に良いのか」という本がたくさん並んでいます。
 お医者さんのような専門家が、皆さんバラバラな意見なので、どれが正しいのか迷ってしまいますよね。
 私は「お腹が空いたら食べればいい」という考えなので、あまり回数にはこだわっていません。からだの声に耳を傾けていれば、その日によって食べる回数も変わって当然。
 自分の本能が「お腹が空いた」と感じるタイミングこそが「食べ時」だと思います。
 まあ、そうは言っても「1日○食」という話の根拠を知ることは、食べ時を知る1つの目安になりますので、それぞれの説についてちょっと検証してみましょう。
 

「1日3食がいい」の根拠

 これは栄養学的な観点と、自律神経のバランス(腸の働き)という観点から説明されることが多いようです。
 順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生は、自律神経のバランスを調える「時計遺伝子」を活性化させるためにも「朝食はしっかり摂る方が良い」とおっしゃっています。食事が腸に刺激を与えてくれることも「1日3回」を推奨している理由のようです。
 108歳で天寿を全うした蟹江ぎんさんは「朝のご飯がうみゃーと、1日がね、それはシャワやかです」が口癖で、4人の娘さんたちは「3食はしっかり食べる。そして腹八分目がいちばんだよ」と躾けられたそうです。
 昔から言われる「朝食は金、昼食は銀、夕食は銅」という諺どおりの食生活ですね。 

朝食は「金」か「禁」か?

 ところが、「朝食は摂らない方がいい」という専門家たちは「朝食は禁」と言います。「金」と「禁」ではたいへんな違いです(笑)。
 インドの伝統医学であるアーユルヴェーダでは、朝・昼・夜の理想的な食事バランスを、2:3:1として、昼食に重きを置いています。
 アンチエイジング研究の第一人者である白澤卓二先生も、朝食には「野菜と果物のジュース」を勧めています。「午前中は排泄の時間、午後は摂取の時間、夜は吸収の時間
だから、昼にしっかり食べるといい」という説も、古くから言われている健康法です。

夕食に重きをおく考え方

 長年懇意にしていただいているホリスティック医学の第一人者・帯津良一先生は、毎夕食を「最後の晩餐」と言って、何よりたいせつにしています。午後6時半からはお酒を飲みながら食事を楽しむのが日課で、このペースはほぼ崩れません。
 以前、札幌で行われた帯津先生の講演会で、ちょうどこの「午後6時半」を挟むようなスケジュールだったことがあります。この時、帯津先生は講演の壇上で悠々とビールを飲みながら、講演をなさっていました(笑)。健康の秘訣は「朝の気功(太極拳)に夜の酒」だとか。夕食を何より大切にしていらっしゃるんですね。
 また、聖路加国際病院理事長で今年102歳になられた現役医師の日野原重明先生も、朝はオレンジジュースにテーブルスプーン1杯のオリーブ油(15cc)を注いだものと、小ぶりのバナナ1本。昼は牛乳1杯とクッキー2〜3枚。その代わり、夜はしっかりと召し上がるそうです。
 作家の五木寛之さんも午前2時に焼き肉屋に行くことがある、と「健康問答」(平凡社刊)で述べていますから、「夜にしっかり派」も、皆さんお元気な方ばかりですね。

江戸時代までは「1日2食」だった?

 一説によると、江戸時代の中頃までは1日2食が当たり前だったとか。
 ヨーロッパでも18世紀まではやはり2食の地方が多かったらしいですから「3食は食べ過ぎ」というのも説得力があります。
 ベストセラー『「空腹」が人を健康にする』(サンマーク出版刊)の著者であるナグモクリニック・南雲吉則先生は「1日1食」を提唱していて、その1食を「夕食」で摂ることを勧めています。
 30代に見えるけど実は58歳、という南雲先生のインパクトは、とても説得力がありますよね。
 さて、いかがでしょうか?
 皆さん、それぞれの持論があって、どれも「なるほど」と思うものばかり。本を読めば読むほど迷ってしまうのも当然でしょう。
 ここでたいせつなのは「外から得た知識」を、そのまま自分のからだに当てはめない、ということ。先ずは、自分のからだで、1日に1食も2食も3食も、全部試してみたらいいのです。
 そうすると「あー、今の自分にはこのくらいのペースがいいみたいだな」ということが実感としてわかります。
 からだの声に耳を傾けて「お腹が空いていたら食べる」というのが、健康・長寿を実現する食の基本なのです。

参考文献 「あなたに贈る食の玉手箱」星澤幸子・鳴海周平著・ワニ・プラス刊

 

最新刊は「どさんこワイド」の星澤幸子先生との共著です!!
「あなたに贈る食の玉手箱」 (1,400円+税)

星澤幸子・鳴海周平著 

あなたの、そして家族の健康長寿を実現する「食」の秘訣がこの1冊でわかります!

「あなたに贈る食の玉手箱」についての詳しい内容を見る

 

好評につき大増刷!!
「健康の基本~心と体を健康にするカンタン習慣63~」(1,400円+税)

鳴海周平・著 帯津良一・監修

「こころとからだの健康タイム」10年間の連載を集大成した本がついに完成!!
エヌ・ピュア代表の鳴海周平が25年間に亘って研究・実践してきた健康のコツを
わかりやすく解説している健康本の決定版です。

「健康の基本~心と体を健康にするカンタン習慣63」についての詳しい内容を見る

right_toppage

right_01健康対談ラジオ番組月刊連載

right_02 right_news right_02-2 right_03 right_04 right_06 right_05 right_07 right_07

bnr_npure

bnr_kenkotime