head_id

Vol.155 3月 「腹八分目」が健康と長寿のコツ


健康で長寿な人たちの食習慣には「腹八分目」という共通点がありました。
今回は「腹八分目」のコツを紹介します。

健康・長寿を実現する「腹八分目」

 健康で長寿な人に共通する「腹八分目」という習慣があります。
 健康長寿の理想像として人氣者だったきんさんぎんさんも、茶碗七分目に装ったお粥をひと口残し、常に腹八分目をこころがけていたそうです。
 
「腹八分目で医者いらず。腹六分目で老いを忘れる。腹四分で神に近づく…」(ヨガの教義)
 
「人は食べる量の四分の一で生きている。後の四分の三は医者が食う」(エジプトの遺跡から発見された言葉)
 
 先人たちが遺した言葉からも、少食の効用がわかりますね。
 「満腹まで食べずに、空腹感がなくなったら箸を置く」ということがたいせつなのです。
 
 「良いことなのはわかってるんだけど、なかなか難しいよね…」
 その氣持ちも、よーくわかります。
 でも、そんな方も心配ご無用。
 「腹八分目」を無理なく実行できるコツを紹介しましょう。

腹八分目でも満足するコツ

 ・小さめの皿に、少なめに盛る
 様々な実験から、皿に盛りつけた量の四分の三が消費される、というデータが出ています。つまり、入れ物の大きさによって食欲も変化する、ということです。大皿からではなく、小さめの取り皿に少量ずつ盛りつけるようにしましょう。
 
・意識的にひと休みする
 ひと口ごとに箸を置いたり、必要なものを手の届く所から離したりすることで、少し時間をかけることを意識します。「満腹中枢」が満腹を感じるまでの時差を縮めることができます。
 
・野菜類から食べ始める
 血糖値が穏やかに上がるため、生活習慣病の予防にもなります。
 
・ゆっくりと、よく噛んで食べる
 よく噛むことは、栄養素の消化・吸収を高める、脳の血流がよくなる(記憶力の向上や認知症の予防)、肥満予防などの効果があります。お勧めは、ひと口につき30回以上噛むことです。
 
・氣の合う誰かと一緒に食べる
 誰かと話をしながら食べると、氣づかないうちに食事量は減少しています。
 会話を楽しんでいるうちに、満腹中枢との時差が縮まるようです。
 

1 大皿から直接ではなく、都度小さめの皿に、少なめに盛る
2 意識的にひと休みする
3 野菜類から食べ始める
4 なるべくゆっくりと、よく噛んで食べる
5 氣の合う誰かと一緒に食べる

 こうした食生活が習慣になると睡眠の質が変わり、肌もきれいになってきます。
「腹八分目」は、からだもこころも驚くほど軽くなる、健康・長寿の秘訣なのです。

参考文献
「あなたに贈る食の玉手箱」星澤幸子・鳴海周平著(ワニ・プラス)
 

 

大好評3刷!!「医者いらずになる1分間健康法」(830円+税)
帯津良一・鳴海周平著 

10年以上「医者いらず」状態を継続中の健康エッセイスト鳴海周平氏が、1分間で誰もが簡単に実行できる選りすぐりの健康習慣を紹介。その驚きの効果を、ホリスティック医学の第一人者である帯津良一医学博士がわかりやすく解説します。全項目イラストわかりやすいイラストつき!!たった1分間で、一生モノの健康が手に入ります。

【本書で紹介している17の健康習慣】
1.顔をこする→内臓が元氣になる
2.耳をひっぱる→心身が元氣になる
3.指でヨガをする→痛みや不快が和らぐ
4.口元をゆるめる→疲れやダルさが取れる
5.胸に手をあてる→生命力がよみがえる
6.足全体をもむ→不快な症状が和らぐ
7.足ぶみをする→血糖値が下がる
8.お腹をもむ→快便になり免疫力が上がる
9.呼吸を意識する→自律神経のバランスが調う
10.ワカメ体操→全身のバランスが調う
11.首を温める→免疫力がアップする
12.日記をつける→自律神経のバランスが調う
13.他者と触れ合う→幸せホルモンが分泌される
14.朝日を浴びる→快眠になる
15.五感を意識する→脳とからだが若返る
16.空を見上げる→「心身自動修復機能」が働きだす
17.笑う→健康長寿が実現できる

「医者いらずになる1分間健康法」についての詳しい内容を見る

right_toppage

right_01健康対談ラジオ番組月刊連載

right_02 right_news right_02-2 right_03 right_04 right_06 right_05 right_07 right_07

bnr_npure

bnr_kenkotime